ウォーターサーバーで天然水

家庭でいつでも美味しい水が飲めて、お湯もいつでも利用できることからウォーターサーバーが人気になっています。このサイトには、ウォーターサーバーの情報が掲載されています。家庭でウォーターサーバーが普通に使われるようになってから、まだ数年ほどしかたっていないにも関わらず、参入する業者が増加していて扱っている水も多品種になっています。ウォーターサーバーを契約する上で最も重要な水そのものについていろいろな選択肢が増えてきたので、その種類をあげてみます。ウォーターサーバーに使われる水は大きく分けると天然水と人工水に分かれます。絶対に天然水でなければならないということはなく、導入する人や家庭のニーズに合わせて選びます。天然水はミネラルウォーターと呼ばれるもので、ペットボトル入りの水と思ってもらってもよいでしょう。天然水はろ過と加熱殺菌しか行なっておらず、自然のミネラルが含まれていて、そのまま飲んでも料理に使ってもおいしい水だと言われています。天然水を得られる産地が限られていることから、一般的には人工水よりはコストがかかります。不純物を含まない純水は人工水になりますが、赤ちゃんのミルク用には純水の方が良く、ミネラル分が多い水、特に硬水は赤ちゃんに飲ませるのは避けた方が良いでしょう。人工水は主にRO膜、または逆浸透膜と呼ばれている0.0001ミクロンの超微細フィルターを使って作られることが多いのですが、この膜を通過してくる水は不純物のほぼ全てをこしとることができるので、非常に安全性の高い水ということができます。一方、不純物だけでなく、ミネラル分も失われてしまいます。しかし、水の産地にこだわらずに作ることができるので、コストは安くなります。水の特長と同時に使用する水の量もウォーターサーバーを導入する上で重要になります。契約するときには最小の水購入量が決められます。1人暮らしなどで水使用量が少ないのに、最小水購入量が多いと余計な水が残ってしまうことになり、1リットル当たりの単価が安い水であっても結果的には高くついてしまい、単価の高い天然水の方が安くなることもありえます。ボトルの大きさも使用料が多いのに小さなボトルを使っていれば頻繁な交換が必要になってしまうし、逆に力のない人が大型のボトルを使ってしまうと、ボトルの交換が大変なものになってしまいます。ウォーターサーバーの導入を考えている人は、自分が必要な水の種類や量を考慮した上で最適な水をチョイスすると良いでしょう。

MENU

ウォーターサーバーで天然水